フィーリングテニス上達動画を無料で配信しています。こちらからどうぞ(・∀・)b



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォアハンドのフォーム

今日はフォアハンドのフォームについて。
昨日プライベートレッスンを実施したYさん。

動きが硬くて、フォームが小さい。
で、この時に実践した内容をご紹介します。

まず素振り。
この時イメージすることはできるだけ、遠くにラケットを放り投げる感じ。

ラケットを振るのではありません。

身体の動きには必ず目的が必要です。
目的がない、形だけを真似る動きは実践では全く意味がありません。

その為に「ラケットを遠くに投げるイメージ」
これは非常に大切。

これを実践してもらうと腕だけの動きが大きい感じ。
つまり、Yさんはラケットを腕で遠くに投げるイメージになっています。

そこで、身体全体でラケットを投げるイメージに。
その為に、上半身の捻り、戻しで腕が自動的に動くイメージに。

ここで大事な事。
それは身体は動かすのではありません。

「動かされる」のです。
この違い分かりますか?

意識して動かしているうちは動きの質は上がりません。
動かされる、つまり受動的に動き始めると動きの質が変わります。

さて、これでYさんの動きは見違えるように滑らかに、そして大きくなりました。

でも、まだ一つだけ問題がありました。
それはフィニッシュが小さい。

緊張があります。

最後にこれをなくします。
ここでは呼吸に注意してもらいました。

スイング後、フィニッシュの時に大きく深呼吸してもらいます。
すると胸が縮まっていますので大きな呼吸が出来ません。

そこで、普通に立った状態で大きく深呼吸してもらいます。

すると肺に呼吸が入ると胸が自然と開いたリラックスした状態がわかります。
この状態になるようにスイングしてもらいます。

さて、これでスイングをしてもらうと。

う~ん♪
ワンダフル♪

素晴らしいフォアハンドの出来上がりです。
この後実際にボールを打ってもらいましたが、正直びっくりするぐらいの良いボールw(゚ロ゚;w

&素晴らしいナチュラルスピン。

う~ん。。
やはり自然な動きと正しいタイミングでヒットすると自然と良いボールが打てるわけですな。

今回のレッスンは私としても非常に勉強になりました(・∀・)b

東レPPOの伊達さんのコメントどう思いますか?

先日の東レPPOでの事。
伊達選手が観客のため息についてコメントしてました。

また実際に試合の途中に「シャラップ!」と声を荒げたそうです。
この後、彼女は「日本の観客にはエネルギーを吸われる」「テニスの観戦のレベルが上がってこない」
とコメントしました。

これに対していろんな方が賛否両論いろいろ言っています。
さて、あなたはこの事に対してどう思いますか?

私は伊達さんの言っている事に納得です。
反対の方は「プロなのに」「相手も同じ条件」「自分の精神力を棚に上げて」
こんな意見が多いようでした。

確かにそういう見方もできなくはありません。
ですが、選手としてではなく、一観客の立場から言わせて貰うと
選手をどう盛り上げるか?
は観客のレベルの一つだと思うんですね。

観客としてもレベルの高い試合を見たい
ならどうすれば選手のレベルの引き上げることができるか?

これは極普通の事でしょう。
もちろん、お金を払っているのですから「後は選手の問題だ」

これでもおかしくはありません。
でも、お金を払えば観客は全く関係がないのか?

そんな事は無いでしょう。
観客にもレベルがあるはずです。

例えば食事に行ったとします。
お金を払えば美味しい食事が食べれるのが当たり前??

そこに感謝の気持ちは?
報酬を支払えば、感謝は必要ないのか?

そんな事ないはずです。

美味しい食事をいただいたら「ありがとう」「とっても美味しかったです」
と感謝の気持ちを伝えることでお店の人も気持ちよくなって、
もっと美味しい食事を作ってくれることでしょう。

これがサービスを提供する側と提供される側の理想的な関係では?

だとしたらテニスの観客は?
プロだから。
お金を払っているから。

それでは観客のレベルが低いと私は思います。

選手が最高のパフォーマンスを発揮できるように盛り上げれば?
そこに理想的な関係が生まれるように思います。

伊達選手はウィンブルドンでの観客を引き合いに出していましたが、
彼女は身をもって両方の体験をしています。

そこから感じる正直な感想なのでしょう。

私個人としてはそのような観客になりたいなぁと思います。

スライスを返球するのが苦手な人は?

時々こんな質問をいただきます。

「相手の低く滑ってくるスライスを
返球するのが苦手なんですがどうしたら良いですか?」

こんな感じです。

今日はこんな事を感じている方へのアドバイス。
まず、なぜ返球できないか?

その原因は相手のスライスのボールの弾道がイメージ化できていないから。
これだけです。

ボールを上手く返球するにはボールとのタイミングを
合わせる必要があります。

タイミングは予測が非常に大切。
予測は過去のデータによるイメージが元になります。

つまり、イメージが曖昧だとタイミングを合わせる事ができません。
これが返球できない本質的な原因です。

と言うことはスライスを返球するのが苦手な人は
まず、スライスのボールの弾道をイメージ化することが必要です。

では、どうすれば、短時間にイメージ化することができるか?
一番効率的なのはボールを返球しないで見送る練習です。

こうすればボールへの集中力を簡単に上げることができます。
返球するとどうしても意識をボールだけに集めることが難しくなります。

それでは効率が悪い。
なので、まずはボールを見送る練習をする。

そして、次に返球する練習をする。
これを繰り返すのが一番効率的です。

スライスでお困りの方はお試しください(・∀・)b

ボレーのウィングショット

昨日のフィーリングテニスの実践クリニックのテーマは
ボレーのウィニングショット

ウィニングショットと聞くと威力があって切れの良いショットをイメージするかも知れませんね。
でも実はそうではありません。

ウィニングショットとは最終的にポイントが取れるショット。
と言うことはポイントが確率良く取れるならどんなショットでも良いんです。

例え、それが当たりそこないでも。

もちろん、威力があって切れが良くて角度があれば確率良くポイントが取れるでしょう。
なのでそれが安定して打てるならそれもウィニングショットの一つです。

でもそれがウィニングショットではありません。
あくまでもその一つと言うことです。

この柔軟な考え方はとっても大事。

人には必ず得意不得意があります。
なので人と同じなんてことはありません。

ウィニングショットも同じ。
これが「ウィニングショットだ」なんてものは無いのです。

でも、間違えると理想のウィニングショットを求めて練習してしまいます。
残念ながらこれは結果がでません。

ウィニングショットで大切な事は確率良くポイントが取れる自分の得意ショットを見つける。
そして、それを徹底的に磨く。

そして、そのようなショットの数を増やす。
これだけ。

みんなそれぞれ違っていいんです。

フォームや打ち方では上達しません

メルマガの読者の皆さんからもらう質問で非常に多いのがイメージについて。

「イメージしているのになかなか上手くできません」
「イメージは出来ているのにミスをします」

こんな感じです。
でも、実はこれ間違ったイメージなんです。

このような方のほとんどが打ち方やフォームをイメージしているんですね。
残念ながらそれではテニスは上達しません。

打ち方やフォームのイメージもイメージには違いありません。
でもそれは大したことじゃないんです。

なぜならそれは方法論だからです。
方法は人ぞれぞれ違うものです。

方法にこだわると結果がでません。

では何をイメージするのか?
それはボールそのものです。

ボールの回転や軌跡、弾道・・
このような物をイメージできるようにならないといけないのです。

上達が止まる大きな原因がここにあります。

お気に入り登録


プロフィール

戸村基貴

Author:戸村基貴
こんにちは!

フィーリングテニスの戸村です。
私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

このブログではあなたの潜在能力を発揮する為のヒントをご紹介しています。
あなたのお役に立てると幸いです(・∀・)b


フィーリングテニスに興味を持っていただいたらこちらをご覧くださいね。

フィーリングテニス ご紹介

無料クリニック

フィーリングテニス

あなたの潜在能力を発揮するヒントです。

テニスの上達に行き詰ったり、
楽しくなくなったりしたら読んでみて下さい(・∀・)b
カテゴリー
最近の記事
無料メルマガ
このメルマガではあなたの潜在能力を伸ばす為のヒントをご紹介しています。

フィーリングテニスは大脳生理学を応用した唯一の上達法です。
その練習方法は非常にユニーク
きっとあなたのお役に立つと思いますよ。(・∀・)b

現在10,000人以上の方にご講読いただいています。いつもありがとうございます。

「10分でテニスが上達するはずがない!!」
と思っているあなた!

騙されてください^^
きっと楽しい事が起きますよ!

もちろん登録、解除は無料です!

こちらからどうぞ(・∀・)b

フィーリングテニス 無料メルマガ
Feeling Tennis  実践DVD
伸び悩みを解消するなら
Feeling Tennis 実践DVD
リンク
ランキング
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。