フィーリングテニス上達動画を無料で配信しています。こちらからどうぞ(・∀・)b



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックハンドのコツ




一般的にはフォアハンドに比べるとバックハンドを苦手とする方が多い傾向があります。
これはストロークに限らず、ボレーでも言えるようです。
では、どうしてフォアに比べるとバックの方が難しいのでしょう?
これにはやはりちゃんと理由があります。
その理由を理解する事で上達スピードが大きく変わります。



その理由の一つをご紹介します。



フォアハンドに比べるとバックハンドの時に使う筋肉は
普段あまり使わない筋肉を使う事になります。
それも、フォアハンドに比べると弱い筋肉を主に使います。
ですから、スイングそのものがまず馴染みの無いものになるわけです。



それに比べてフォアハンドのスイングに使う筋肉は日常の生活でも良く使う筋肉なのです。
その為に初めてでもそれなりにラケットを扱う事が出来る訳です。



では、どうして、普段使わない筋肉を使うバックハンドは難しいのでしょう?



フォームを作るのが難しいから?
力が入りにくいから?



いいえ、実はそうではないんです。
これらは間接的な原因なのです。
その為にこれらを意識して練習してなかなか上達することはできません。
直接的な原因は時間合わせにギャップが生じる事なのです。
時間合わせとはインパクトのタイミングのことです。



普段使わない筋肉を使う為にタイミングに大きなギャップが生まれるからなのです。



ボールをコントロールするにはタイミングがとても大切です。
テニスは動いているボールを打つわけですから、
タイミングよくボールを捕らえないと打点が狂ってコントロールできない訳です。



バックハンドで使う筋肉はこのタイミングを合わせることに慣れていないのです。
その為に自分ではタイミングを合わせているつもりなのに、
ほとんどの場合遅れてしまうのです。
これがバックハンドのショットが難しい最大の原因なのです。



タイミングさえ合わす事ができれば
バックハンドでのショットでもボールはしっかりとコントロール良く打つ事が出来ます。



その証拠に力のないjrの子達でもしっかりとした良いボールを打ちます。
力やフォームが問題ではない事がわかりますね。



つまり、バックハンドが上達する一番のポイントはボールとのタイミングが
どうなっているかを感じる事なのです。





もっと詳細を知りたい方はこちらをどうぞ ⇒ フィーリングテニス DVD ストローク編


テニスの最新情報はこちらから!
いつもご協力ありがとうございます!

blogRanking.gif


にほんブログ村 テニスブログへ



コメントの投稿

Secre

お気に入り登録


プロフィール

戸村基貴

Author:戸村基貴
こんにちは!

フィーリングテニスの戸村です。
私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

このブログではあなたの潜在能力を発揮する為のヒントをご紹介しています。
あなたのお役に立てると幸いです(・∀・)b


フィーリングテニスに興味を持っていただいたらこちらをご覧くださいね。

フィーリングテニス ご紹介

無料クリニック

フィーリングテニス

あなたの潜在能力を発揮するヒントです。

テニスの上達に行き詰ったり、
楽しくなくなったりしたら読んでみて下さい(・∀・)b
カテゴリー
最近の記事
無料メルマガ
このメルマガではあなたの潜在能力を伸ばす為のヒントをご紹介しています。

フィーリングテニスは大脳生理学を応用した唯一の上達法です。
その練習方法は非常にユニーク
きっとあなたのお役に立つと思いますよ。(・∀・)b

現在10,000人以上の方にご講読いただいています。いつもありがとうございます。

「10分でテニスが上達するはずがない!!」
と思っているあなた!

騙されてください^^
きっと楽しい事が起きますよ!

もちろん登録、解除は無料です!

こちらからどうぞ(・∀・)b

フィーリングテニス 無料メルマガ
Feeling Tennis  実践DVD
伸び悩みを解消するなら
Feeling Tennis 実践DVD
リンク
ランキング
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。