フィーリングテニス上達動画を無料で配信しています。こちらからどうぞ(・∀・)b



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボレー(テークバック)

ボレーのテークバックで一番大切な事は
腕を自由に動かす事です。




多くのボレーの指導では
ラケットを振り過ぎないように指導されます。



「ボレーは振振り過ぎない!」
「テークバックは小さく!」
「目をボールに近づけて!」
「テークバックで身体を横に向けて!」

このようなアドバイスはとても一般的に行われているものです。



ところがこれこそがボレーの上達を阻害している一番の原因なのです。



実はボレーを上達する為には腕を動かす事が大切なのです。
それではその理由をご説明しましょう。


ご存知のようにボレーはネット前でプレイする事が多いために
グランドストロークで飛ばすボールの距離の約半分になります。
そして、また相手のボールが自分の所に到達する時間も約半分になります。




その為に多くのプレーヤーやコーチは
ラケットを振ってはいけないと思っているのです。
ラケットを振りすぎるとボールが飛びすぎる
又はボールに間に合わないと思っているわけです。



ところが現実にはラケットを振らないように意識すると
腕はスムーズに動かずに
飛んで来るボールの後にラケット面をセットする事ができないのです。




その為にインパクト直前でボールにラケットを当てようとします。
そして結局はスイング軌道が自分の飛ばそうとするボールの軌道に
合わないスイングになるのです。
そして又ボールにエネルギーを加えてしまうことになります。



その結果ネットやアウトを繰り返し、
ボールをコントロールする感覚を身に付ける事ができないのです。




それに対し、ラケット面を飛んで来るボールの後にセットする事が出来れば
ボールをコントロールする為のスイング軌道を作る事は簡単です。
特にボールをコントロールする意識が必要無く
ボールはコートに入る軌道に勝手に飛んでいきます。
(もちろん次の段階としてよりシビアなコントロールを身に付ける感覚が必要ですが)



大切な事はラケット面が
飛んで来るボールの後に最短時間でセットされる事なのです。



その為には腕は自由に動かなければいけないのです。



飛ばすボールの距離やボールとのタイミングは
全く別の事が原因で起こっている問題なのです。



これらの問題を混同する事が上達を阻害しているのです。




では、続いてどうすればボレーのテークバックが良くなるのか
ヒントをご紹介しましょう



あなたにも昔、蝶々を追いかけて捕まえた事が
一度や二度ある事でしょう。
網を使っても、素手でも構いません。



その時あなたはどんな感覚で蝶々を捕まえましたか?
蝶々を捕まえる為にテークバックの事を意識したでしょうか?



「今逃げられた原因はテークバックが大きすぎたからだ、テークバックは小さく・・・」
「うまく捕まえられないのはテークバックで身体が横に向いていなかったからだ・・・」



どうでしょう?
そんな事は全く意識しなかったことだと思います。
ボールに比べると蝶々の方がよほど変化があって捕まえるのは難しいのです。
弾道がある程度決まっているボールの方が実はずっと簡単なのです。
ですが、ボレーのテークバックとなるととても難しくなります



その原因がテークバックに制限を加えるからなのです。
蝶々を捕まえるのと同じようにボールを捕まえれば良いだけなのです。



もちろん、上達のレベルによって
ボールを飛ばす距離の感覚
ボールの回転をコントロールする感覚
ボールの打点に対応する感覚

など
必要な感覚を練習していく必要があります。



ですが、ボレー上達の為に最初に必要な事は、
蝶々を捕まえるのと同じように
腕を自由に動かしボールを捕まえることなのです。



そうする事で自然なテークバックを覚え、
次のステップに移る事が出来るのです。

具体的練習方法はこちらです。





テニスの最新情報はこちらから!
いつもご協力ありがとうございます!

blogRanking.gif


にほんブログ村 テニスブログへ



現在購読者9,000人!!!
無料メールマガジンを発行しています。
興味のある方はどうぞ!
「 きっと、信じられないでしょう!10分テニス上達法」 (マガジンID:0000144167)

メールアドレス:




驚異の最新テニス上達法 潜在能力を発揮したい人はこちらへ
http://www.t-tplan.com

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボレーVSボレー(基本)

今日はボレーボレーの練習法を紹介します。ボレーボレーは誰もが良くやるとは思うのですが、ただやみくもに打ち合ってもあまりいい練習にはならないでしょう。そこで図のようにA

コメントの投稿

Secre

興味深い見解ですね。
また拝見させていただきます。

先生さま
こんにちは!
コメントありがとうございます。
是非また遊びに来てください。
お待ちしています。
お気に入り登録


プロフィール

戸村基貴

Author:戸村基貴
こんにちは!

フィーリングテニスの戸村です。
私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

このブログではあなたの潜在能力を発揮する為のヒントをご紹介しています。
あなたのお役に立てると幸いです(・∀・)b


フィーリングテニスに興味を持っていただいたらこちらをご覧くださいね。

フィーリングテニス ご紹介

無料クリニック

フィーリングテニス

あなたの潜在能力を発揮するヒントです。

テニスの上達に行き詰ったり、
楽しくなくなったりしたら読んでみて下さい(・∀・)b
カテゴリー
最近の記事
無料メルマガ
このメルマガではあなたの潜在能力を伸ばす為のヒントをご紹介しています。

フィーリングテニスは大脳生理学を応用した唯一の上達法です。
その練習方法は非常にユニーク
きっとあなたのお役に立つと思いますよ。(・∀・)b

現在10,000人以上の方にご講読いただいています。いつもありがとうございます。

「10分でテニスが上達するはずがない!!」
と思っているあなた!

騙されてください^^
きっと楽しい事が起きますよ!

もちろん登録、解除は無料です!

こちらからどうぞ(・∀・)b

フィーリングテニス 無料メルマガ
Feeling Tennis  実践DVD
伸び悩みを解消するなら
Feeling Tennis 実践DVD
リンク
ランキング
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。