フィーリングテニス上達動画を無料で配信しています。こちらからどうぞ(・∀・)b



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッシングショットのコツ

今日はパッシングショットのコツについて。
パッシングショット一番大切な事は?

それは相手の隙を突くこと。
回転をかけることでも、角度をつけることでも、速いボールを打つことでもありません。

相手の隙を突くことです。

大切なので2度言いました(笑)

いくら素晴らしいショットでも相手に対応されると、
パッシングにはなりません。

でも、逆に当たりそこないのボールでも相手の隙に飛んでいくと
抜けていきます。

まず、この事をしっかりと理解することです。
パッシングの感覚がなかなか身に付かない方はついついショットの良し悪しが気になるようです。

ショットの良し悪しは忘れてください。
それよりも相手の隙を感じるように練習します。

ただ「相手の隙」と言われても
どうして感じてよいのか?

最初は分からないと思います。
でも、続けていると何となく分かるようになります。

その為には自分の直感を信じて、
自分が思うほうにどんどん打っていきましょう。

良くわからなくても抜けていくボールがいくつか出てくるはずです。
その経験が直感を磨いて行く事になりますから。

がんばってくださいね(・∀・)b
スポンサーサイト

ボレーのフットワーク

今日はボレーのフットワークについて。

ボレーのフットワークと言えば一般的に多いのが
「イチ」「ニー」というリズムです。

例えばフォアボレーなら「右足」「左足」とイチ、二にあわせて動かす感じですね。

結論から言うとこの練習はあまりよくありません。
これをしてしまうとワイドなボールが取れなくなります。

つまり、リーチが狭くなるんですね。

ボレーでできるだけリーチを広げようとするとできるだけ歩数が多いほうがいいわけです。
そのためには、イチ、ニーでは無理なんですね。

ちなみにおすすめの練習はできるだけ走ってボレーをする練習。

左右に走ってボレー
この時はできるだけゆるい山形のボールを出してもらうと良いですね。

後は後ろから前に走りながらボレー。

これもとっても良いです。
自然とスプリットステップ覚えます。

最近ほんとに良く思います。
常識と思われている練習にはかなり問題がある練習が非常に多いです。

これを変えるだけで上達のスピードが全く変わります。


スライスを返球するのが苦手な人は?

時々こんな質問をいただきます。

「相手の低く滑ってくるスライスを
返球するのが苦手なんですがどうしたら良いですか?」

こんな感じです。

今日はこんな事を感じている方へのアドバイス。
まず、なぜ返球できないか?

その原因は相手のスライスのボールの弾道がイメージ化できていないから。
これだけです。

ボールを上手く返球するにはボールとのタイミングを
合わせる必要があります。

タイミングは予測が非常に大切。
予測は過去のデータによるイメージが元になります。

つまり、イメージが曖昧だとタイミングを合わせる事ができません。
これが返球できない本質的な原因です。

と言うことはスライスを返球するのが苦手な人は
まず、スライスのボールの弾道をイメージ化することが必要です。

では、どうすれば、短時間にイメージ化することができるか?
一番効率的なのはボールを返球しないで見送る練習です。

こうすればボールへの集中力を簡単に上げることができます。
返球するとどうしても意識をボールだけに集めることが難しくなります。

それでは効率が悪い。
なので、まずはボールを見送る練習をする。

そして、次に返球する練習をする。
これを繰り返すのが一番効率的です。

スライスでお困りの方はお試しください(・∀・)b

パッシングショットのコツ

ネットプレーヤーを相手にした時に横を抜いていくパッシングショット。

今日はそのコツについて。

まず、パッシングショットに求められるのは短い距離に打てる事が必要だと言う事です。

ストレートのパスならまだ距離があります。

ところが、クロスのパスなら、非常に短い距離でコートに収める必要があります。

その為に大切な事は、ボールの弾道を放物線にする事。

前から後に飛んで行く直線に近い弾道ではなく、下から上、そして下に飛んで行く放物線にボール打つ事が大切。

この感覚がないとクロスのパスの距離が長くなり、不安定なパスしか打てません。

ところが、この放物線のボール、口で言うほど簡単ではありません。

それなりに練習が必要です。

ちなみに放物線のボールは回転をかけたからと言って打てるわけではありません。

確かに回転が放物線に影響を与える事は事実です。

ですが、放物線の弾道は回転以上に大切です。

そして、また回転以上に練習が必要な感覚でもあります。



サーブ 入らない

サーブが入らないと悩んでいる方に。

ボールのコントロールはタイミングで決まります。

これはサーブも同じ。

トスの位置が絶対条件ではありません。

逆にトスにこだわるとかえってサーブは入らなくなります。

タイミングを合わせてみましょう。

タイミングが合うと気持ちよくボールが打てます。

まず、ここが大切。

タイミングが合って、気持ちよくボールが打てているのにボールのコントロールがままならない。

そんな時の原因は、イメージ。

サーブが入らない原因は突き詰めるとこの二つしかありません。

にも関わらず、フォームを変えてみたり、トスの上げ方を変えてみたり。。。

これ、泥沼にはまる特徴です。







お気に入り登録


プロフィール

戸村基貴

Author:戸村基貴
こんにちは!

フィーリングテニスの戸村です。
私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。

このブログではあなたの潜在能力を発揮する為のヒントをご紹介しています。
あなたのお役に立てると幸いです(・∀・)b


フィーリングテニスに興味を持っていただいたらこちらをご覧くださいね。

フィーリングテニス ご紹介

無料クリニック

フィーリングテニス

あなたの潜在能力を発揮するヒントです。

テニスの上達に行き詰ったり、
楽しくなくなったりしたら読んでみて下さい(・∀・)b
カテゴリー
最近の記事
無料メルマガ
このメルマガではあなたの潜在能力を伸ばす為のヒントをご紹介しています。

フィーリングテニスは大脳生理学を応用した唯一の上達法です。
その練習方法は非常にユニーク
きっとあなたのお役に立つと思いますよ。(・∀・)b

現在10,000人以上の方にご講読いただいています。いつもありがとうございます。

「10分でテニスが上達するはずがない!!」
と思っているあなた!

騙されてください^^
きっと楽しい事が起きますよ!

もちろん登録、解除は無料です!

こちらからどうぞ(・∀・)b

フィーリングテニス 無料メルマガ
Feeling Tennis  実践DVD
伸び悩みを解消するなら
Feeling Tennis 実践DVD
リンク
ランキング
友達にこのブログのURLを教える
友達にこのブログのURLを教える
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。